あなたは312163番目の
お客様です

□ お知らせ □

『空襲通信』第22号
2020年8月10日発行.

2019年全国大会
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第49回大会は,8月30日(金)-9月1日(日),山梨県甲府市の山梨学院大学を会場に開催されました.

米軍資料研究会final.pdf

2018年全国大会
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第48回大会は,8月25-26日,四国の松山で開催されました.


『空襲通信』第20号
2018年8月10日発行.

『空襲通信』第19号
 8月5日発刊しました.
 Amazonで購入する.

2017年全国大会

 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第47回大会が,8月19-20日,千葉で開催されました.

『空襲通信』第18号
 8月5日発刊しました.

Amazonで購入する

特集
 
パンプキン被弾地調査のいま
関連サイト
地理院地図を利用して,被弾
地を知る(サイトへ移動


『空襲通信』第17号
8月10日発刊しました.

Amazonで購入する

2015年全国大会

 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第45回大会は,8月22-23日,東京で開催されました.

2014年8月23-24日
空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第44回神戸大会が神戸市立御影公会堂で開催されました.

『空襲通信』第16号
8月1日発刊しました.
 
2013年8月24-25日
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第43回北海道大会が函館市公民館で開催されました.




 
タイトルロゴ
 

ブログ

空襲・戦災を記録する会全国連絡会議ブログ
12345
2020/08/30

第50回大会(オンライン)が終わりました

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
第50回大会終了3日間にわたりオンラインで開催された空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第50回大会が終了しました.
 3日目は,13時に開会,今村代表のあいさつのあと,7人の発表者が各地の会の取り組みを紹介しました.オンライン大会らしく,北海道や沖縄だけでなく,香港からも参加がありました.参加者は76人でした.
 本大会終了ののち,17時から開催された懇親会は,予定を延長して19時まで続きました.(画像は合成したイメージで,実際のものとは異なります.)
 

21:08 | 全国大会
2020/08/30

大会2日目,YouTubeライブで配信されました

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
第50回大会(オンライン)の2日目は,「21世紀の空襲の記憶・表現」というテーマでシンポジウムが開催されました.シンポジウムの様子はYouTubeでライブ配信され,200人を超える人が視聴しました.「21世紀に入ってからの取り組みを中心に、この20年を振り返り、同時に今後20年についても考える」という今回のシンポジウムでは,5件の発表の後,発表者によるトークショーも開催されまたした.視聴者からも多数の感想や質問が寄せられました.
 最終日の明日は,各地の会および個人による報告が行われます.

00:26 | 全国大会
2020/08/28

第50会大会(オンライン)が始まりました.

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
米軍資料の調査・活用に関する研究会空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第50回大会(オンライン)が始まりました.
 初日は,8月28日19:00から,第21回米軍資料の調査・活用に関する研究会が開催され,75人が参加しました.6人の発表者に15分の発表時間が与えられ,発表の後熱心な質疑応答が行われました.研究会は,ほぼ予定どおり,21:15分に終了しました.
 15分の休憩を入れて,21:15からは懇親会(オンライン)が開催され,22人が参加しました.右の画像は懇親会の様子.
 29日の大会の様子は13:00からYouTubeでオンライン配信されます.

22:50 | 全国大会
2020/08/17

第50回大会:オンライン開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin

8月28日(金)19:00-21:00終了しました
米軍資料の調査と活用に関する研究会(米軍資料研究会)
Zoomによる開催→要・事前登録(30日と共通)

https://forms.gle/CpC6VYk3MFW3JG236


<発表者とテーマ>
 中山伊佐男:米軍資料に見る沼津空襲

 笹本妙子:POW研究会と『捕虜収容所・抑留所事典』

 山本竜也:1945年8月15日は『晴れて暑かった』のか ―観測記録と人々の記憶
 工藤洋三:1944年8月11日の試験的焼夷空襲と蒜山空襲(仮)
 田中まこと:戦災変電所に弾痕を残したP-51(仮)
 新妻博子:台湾 嘉義を中心とする空襲について


 司会・進行など:工藤洋三(本会事務局長)、竹中義顕(愛媛大学・学部生)


8月29日(土)13:00-16:00終了しました
大会シンポジウム「21世紀の空襲の記憶・表現」YoutubeLive・オンライン開催
※YouTube利用(12:55開始/傍聴のみ/ご意見はコメント欄で頂戴します)
youtu.be/V1zHj6hphuk


趣旨文
21世紀に入って20年が経とうとしています。第二次世界大戦の空襲の体験については、毎年各都市の空襲の周年にあたる日の前後で「体験者の減少」と「継承の問題」が指摘されています。体験者の記憶・証言を継承する活動に地道に取り組みつつも、21世紀に入ってから新しい工夫や表現がみられるようになってきました。今回の大会シンポジウムでは、21世紀に入ってからの取り組みを中心に、この20年を振り返り、同時に今後20年についても考えてみたいと思っています。


13:00 趣旨説明
13:10 【キャンセル】吉田裕(東京大空襲・戦災資料センター館長):
          大会シンポジウムの開会に際して
→13:10 工藤洋三(本会事務局長):
    開会の挨拶および空襲・戦災を記録する会の50年と今後のあり方について
13:30 楢崎茂彌(多摩地域の戦時下資料研究会):
    地域の空襲体験者の証言を映像で残す取り組み
13:50 【キャンセル】渡邉英徳(東京大学大学院情報学環・学際情報学府):
           アーカイブ資料の“フロー”化による記憶の継承
→13:50
柳原伸洋(東京女子大学・アウクスブルク大学):
庭田杏珠・渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社、2020年)のパブリックヒストリーとしての可能性
(休憩)
14:20 猪原千恵(岡山空襲展示室):空襲・戦争の博物館展示
14:40 片渕須直(アニメ映画監督):空襲とアニメーション
15:05 登壇者によるトークセッション:21世紀の空襲の記憶・表現
(※YoutubeLiveに寄せられた質問・コメントも拾います)


司会:柳原伸洋(東京女子大学、アウクスブルク大学)

プラットフォーム:YoutubeLive by 福島幸宏

                          (東京大学情報学環・パブリックヒストリー研究会)
Webサポート:中山恵(東京女子大学・院)、櫻田美月(東京女子大学・学部生)
共催:パブリックヒストリー研究会、戦争社会学研究会


8月30日(日)13:00-16:00終了しました
全国各地・個人の報告(報告10分・質疑5分程度)
Zoomによる開催→要・事前登録(30日と共通)

https://forms.gle/CpC6VYk3MFW3JG236

報告時間(各10分・質疑応答5分)

挨拶:今村修 (本会代表)

牛田守彦(東京・武蔵野の空襲と戦争遺跡を記録する会):武蔵野市平和の日10周年とその後を見据えて
青柳雅哉(帯広):+αで戦争体験を語り継ぐ 帯広空襲を語る会の活動2013-2020
佐藤陽子(仙台):仙台・空襲研究会 年間報告ー爆撃中心点プレート設置を中心に
土居和江(静岡):静岡平和資料館をつくる会 この一年間の活動報告
小城智子(神戸):神戸空襲を記録する会の 取組みと課題
石橋星志(東京):東京大空襲戦災資料センターリニューアル
山本唯人(法政大・大原社会問題研究所):空襲体験を文字で伝える―東京大空襲・戦災資料センターの新展示「夜の体験」コーナーを中心に


■問い合わせ(メールは[at]を@に変換し、両方にお送りください):
本会事務局長:工藤洋三 ykudo[at]bronze.ocn.ne.jp
大会事務局:柳原伸洋 yanagihara0701[at]gmail.com


11:03 | 全国大会
2020/08/13

八王子の戦跡のガイドブックを出版

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
八王子の戦跡齋藤勉氏監修による『ガイドブック 八王子の戦跡』が出版されました.監修者の弁によれば「世の中,大きな戦跡は扱われていますが,身近にある"小さな"戦跡は見逃されます.八王子にはそうした戦跡があります.『八王子の空襲と戦災』をふまえながら再調査をし,小学校高学年,中学生向けにまとめてみました.フィールドワークなどで保護者ともども利用してもらえると思っています.」とのこと.
 構成は以下のとおり.
第1章 八王子の戦争と戦跡の歴史
第2章 各地域の戦跡紹介
第3章 見つけてみよう 身近な戦跡
第4章 参考資料

第3章では,読者が書き込めるメモ欄も用意されていてフィールドワークなどで使用することができるようになっています.

11:11 | 各地のたより
2020/08/12

『空襲通信』第22号を発行しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
『空襲通信』第22号今年も『空襲通信』を発行しました.
 A4判94ページ(重さ268g)です.今回の22号には,「空襲・戦災を記録する活動の50年」と「追悼・今井清一先生」という2つの特集があります.これと関連して,口絵ページには,2000年の神戸大会のときの記念写真や,今井先生の講演の写真など,なつかしい写真が掲載されています.
 「米軍資料編」には4編,「戦時資料と空襲記録編」に1編,「各地の会の報告」に15編が掲載されています.また,昨年の全国大会の際に行った今後の会活動に関するアンケート調査の結果(概要)も載せました.詳しい内容は,上の「空襲通信」のタグをクリックして確認できます.
 今年は,対面式の集会がすべて中止になるなか,『空襲通信』の販売・普及にも大きな困難が予想されます.皆様の御協力をお願いいたします.
 上の「問い合わせ」のタグをクリックしてお申し込みください.フォームの必須アイテムを簡単にしました.一番下の「お問い合わせ内容」の欄に「第22号1冊希望」と書いてください.

20:45 | 報告事項
2020/08/12

米軍資料の調査・活用に関する研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
今年の空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の全国大会はオンラインで行います.

 8月28日(金)米軍資料の調査・活用に関する研究会(19:00-21:00を予定)
 8月29日(土)「空襲記憶の20年を語る」トークセッション YouTubeライブ(13:00-16:00を予定)
 8月30日(日)各地域からの報告(13:00-16:00を予定)

このうち,29日のトークセッションはネットに接続するだけで視聴できますが,28日と30日の企画に参加するにはZOOMが必要です.

06:50 | 研究会
2020/08/10

証言 帯広空襲第5集が出版されました

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
帯広空襲第5集帯広空襲を語る会から『帯広空襲と人びとの暮らし-証言 帯広空襲第5集-』が出版されました.内容は
 1.帯広空襲を伝える      5編
 2.帯広空襲を知っていますか? 1編
 3.資料が語る空襲       7編
 4.体験した人びとの証言    14編
の4部構成で,A5判224ページです.

連絡先は以下のとおり.
〒089-0614
幕別町緑町21-62 青柳雅哉 
 

22:14 | 各地のたより
2020/07/18

8月30日のZOOMミーティングの報告者募集

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
みなさま

次回の空襲連会議の大会はウェブ開催となることはすでにお伝えしました。今まで何回かのZoom(オンライン会議システム)の練習を重ねた結果、三日目の8月30日(日)の午後はZoomにて開催できる見通しがつきました。そこで報告者・団体を募集したいと思います。ウェブ開催となることで色々と条件が出てきますので、以下の文面をよく読んで応募していただければと思います。

報告希望の応募期間:7月26日(日)まで
(※スライド完成品の提出期限ではありません)

日時:8月30日(日)の13時-15時半頃まで(予定)
報告形式:Zoomによる報告
報告時間:応募数にもよりますが「8分」を目安として、後に決定します

注意事項:
1.ファイルは「パワーポイント」に統一します。表紙を入れて5枚までとして事前に提出→運営が操作する関係です(※Zoomでは、各自でパワーポイントも操作できますが、煩雑さを避けるためにこのような形態としています)

2.今回は、パワーポイントに埋め込みであっても動画・音声を流すのは避けてください。

3.毎週金曜日にやっているZoom練習回に一度は参加し、最低限マイク・カメラチェックを行ってください。次回は7月24日(金)の21時からZoom練習回を開催しますので、それを眺めてみた後で応募を決定されてもよいかと思います。

応募先:
柳原: yanagihara0701@gmail.com
工藤: ykudo@bronze.ocn.ne.jp
の両方に宛ててメールをお送りください。

10:29
2020/06/26

ピースあいち企画展「模擬原爆パンプキン」開催中

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
ピースあいち企画展ピースあいちの企画展「模擬原爆パンプキンー市民が明らかにした原爆投下作戦ー」を開催中です.
 この企画展は4月から開催を予定していましたが、コロナウィルス感染防止のため臨時休館となっていました。2ヵ月遅れの6月9日から開館しています。福島市瑞龍寺に保管されているパンプキンの破片(実物)、実物大パンプキンを印刷したタペストリー、30年前に始まった模擬原爆パンプキンの調査の歴史、全国の着弾地で発行された出版物、各地の継承活動の紹介などをパネルにして展示しています。7月からは破片を福島にお返しするので、3Dで実物そっくりのレプリカも作製しました。8月29日まで開催します。
 詳細はピースあいちホームページをご覧ください。(文責 金子)

15:41 | 各地のたより
12345

お知らせ

空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第48回松山大会
 愛媛大学城北キャンパスグリーンホール
2018年8月25日(土)-26日(日)

旧制松山高校講堂
見学会(旧制松山高校講堂前にて)

松山大会は終了しました.


空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第47回千葉大会

パネルディスカッション
会場 千葉県教育会館
2017年8月19日(土)-20日(日)
今年は愛媛県松山市で開催します

千葉大会は終了しました.


空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第46回仙台大会

会場 仙台市戦災復興記念館地下展示室

2016年8月27日(土)-
28日(日) 
  8月29日(日) オプショナルバスツァー
市内戦跡巡り
市内戦跡めぐりの様子

仙台大会は終了しました.


米軍資料の
調査・活用に関する研究会


会場:仙台市
2016年8月26日-27日

第16回米軍資料の調査・活用に関する研究会
米軍資料の調査・活用に関する研究会(東京)
第17回研究会は終了しました